CCとBCCの設定方法

CCとBCCは何が違うの?

メールを送る相手が1人、または複数人いるときに、メインの宛先として使うのがTOです。TOの相手に送ったメールの内容を、他のメンバーとも共有したい場合にCCを使います。CCでメールを受信した人は、TOの宛先の人たちがやり取りしているメールの内容を確認しますが、返信する必要はありません。例えば、仕事の進捗状況を共有するために、上司やメンバーなどをCCに入れます。ちなみに、CCに追加されている人のメールアドレスは、他の受信者にも表示されています。対して、BCCに追加されている人のメールアドレスは、他の受信者には表示されません。BCCは、メールの内容は共有しておきたいが、他の受信者にメールアドレスを開示したくない人に使います。

BCCで一斉配信するリスクとは?

BCCでメールを大量配信した場合、メールを受け取る側から受信ブロックされる可能性があります。メールを送信した際に、エラーメッセージを受け取ったことはありませんか?エラーメッセージは、メールアドレスが間違っているときにも届きますが、メールの受信元(プロバイダ・キャリア)から受信ブロックされている場合にも届きます。一般的には、各サーバーあたりIPアドレスが1つだけ付与されます。受信元(プロバイダ・キャリア)は、1つのIPアドレスから大量に一括送信されるメールを「迷惑メール」と判断しがちです。そのため、メルマガ配信などにBCCを使っていると、「迷惑メール」扱いされて受信ブロックされてしまうおそれがあるといえます。