CCとBCCの上手な使い方

メールの宛先にも様々な区別がある

メールを送信する際に宛先を入力する欄はTO、CC、BCCと分かれています。一対一のメールのやりとりしかしないという人は、普段そこまで気にしない部分ですが、これらには明確な区別があります。TOは返事を期待する人の場合で、一対一のメールのやり取りの際に通常使う宛先です。CCは返事を必要としない人で、例えばプロジェクトリーダーなどにプロジェクトの進捗を報告したり助言を求める際に、同じチームの人たちに現状を把握してもらいたい時などは、TOの宛先にプロジェクトリーダーのメールアドレスを入力し、チームのメンバーはCCにするという使い方ができます。BCCも返信を期待しない複数の人に情報を送信する際に使いますが、BCCに入力したアドレスは同じメールを受信した他の人には見えないという特徴があります。

CCとBCCの使い分けが重要

返信を期待しない多くの人に一斉にメールを送信する場合にCCとBCCを使い分けることが、特に個人情報の保護が叫ばれている近年では求められます。例えば、同じチームのメンバーや大学のゼミのグループなど、お互いに既に連絡先を知っている間柄の場合はCCを用いても問題ありませんが、アドレス変更を通知するメールなどをアドレス帳から50音順でCCで送信したりすると、お互いに何の面識もない人同士がメールアドレスを見られてしまうという状況になるので、このような場合はBCCを使う必要があります。また、TOとCCを空欄にしてBCCを利用することで、メールを受け取った相手には自分だけに送ってくれたと思わせることもできるので、サービス業のセールスなどに利用することができます。送信先の相手同士の関係やメールを送る目的に合わせて上手に使い分けることが重要です。