CCとBCCの違いについて

CCとBCCにおける最大の違いとは?

メールソフトを使用する時、宛先以外にCCとBCCという項目がありますが、この2つは一体何が違うのでしょうか。まずCCについてですが、これはカーボン・コピーの略称です。日本語では、複写を意味しています。つまり、宛先の人物以外に同じ内容のメールを送りたい人がいる時に、CCにメールアドレスを入力するのです。一方、BCCはブラインド・カーボン・コピーの略称です。ブラインドには盲目という意味があり、ここに入力したメールアドレスは、宛先やCCの送信先には表示されません。つまりCCとBCCにおける最大の違いは、送信先となるメールアドレスが表示されるかどうかなのです。大切な個人情報を守るためにも、この2つはしっかり使い分ける必要があります。

CCとBCCの使い方の違い

CCとBCCの意味はわかりましたが、具体的にどのように使い分ければ良いのでしょうか。まずCCについてですが、これは宛先以外にも報告したい人がいる場合や、仲間うちで情報を共有したい場合に使います。例えば社内で他部署の人物にメールを送ったことを上司にも報告したい時は、CCにその上司のメールアドレスを入力すればOKです。情報をオープンにしたい仲間や同僚が複数いる場合に、このCCを使うという考え方でも問題ありません。一方、BCCは面識がない不特定多数の人物にメールを一斉送信したい場合や、顧客へのメールを上司に見せたい場合などに使います。本来BCCに入力すべきメールアドレスをCCに入力した場合、個人情報の漏洩につながります。それぞれの用途を把握し、使い分けることが非常に重要です。